シニア03必ず青信号で横断歩道を渡るといった風に交通事故に遭わないように注意していたとしても、遭ってしまう場合があります。たとえば、車が信号無視をした場合、青信号で横断歩道を渡っていたとしても轢かれてしまいます。
では、もし交通事故の被害者になってしまった場合はどうすればいいのでしょうか。まず、ぶつかってきた車やオートバイが停止せずに、あるいはちょっと声をかけて来ただけですぐに走り去ってしまったという場合は、ナンバープレートを見て、ナンバーを記憶し、警察を呼んだ後にそれを伝えましょう。というのは、どちらに原因があるにせよ、事故を起こしたら車のドライバーは救護を行わないといけないと法律で決まっているからです。一見、けがはしていないと判断して走り去ってしまった場合でもひき逃げということになります。
ドライバーが下りてきた場合ですが、ドライバーの言われるままにその場で勝手に示談をするのはやめましょう。というのは、事故直後は平気でも、家に帰ってから、あるいは事故の翌日に痛みが出るということがあるからです。なので、必ず警察を呼びましょう。すると、警官が来て話を聞かれるので、事故の前後のことを正確に答えるようにしましょう。